業務管理に使える! kintoneアプリテンプレート<研究会コンテンツ活用術>

このコラムでは、研究会が提供するさまざまなコンテンツの使い方や活用方法などを解説いたします。

 

会計事務所でも導入件数がどんどん伸びているkintoe。
研究会では、会計事務所の業務効率化に使えるkintoneアプリテンプレートをご用意しています。
kintoneと言えども一からアプリを作るのは、手間がかかるもの。
本アプリをカスタマイズしていただければ、スピーディーにアプリを作りこむことができるはずです。
是非ご活用ください。

【顧客マスタ】
顧客名、住所、電話番号といった一般情報から法人個人区分、決算月、消費税区分、会計ソフトなどの税務基本情報の記載欄をご用意しました。
グラフなどを使えば、自社の決算月ごとの顧問先数などから、決算業務ピークなどを推測することが可能です。
グループコードを利用することで、顧問先ごとの関連会社や家族などの情報の簡単な行き来もできます。

【月次進捗管理表】
資料回収から入力完了後の面談までを管理する工程進捗管理表です。
入力仕訳数や入力に要した時間を登録しておくことで、次月入力時に過去の履歴から入力にかかる時間などの確認が可能に。
また、現在とりかかっている入力案件や月ごとの総入力仕訳数、入力時間などを表示するグラフも用意されているため、担当者ごとの入力スピードや現在の手持ち業務などの分析も可能です。

【kintone目安箱】
kintone の使い方や要望を現場からあげて集めるアプリケーション。
kintone の質問などを現場から吸い上げ、どこにつまづくポイントがあるのかを kintone 管理者側で認識しタイムリーな改修が可能で、常に使いやすいアプリを目指すことで、より現場に定着させやすくすることができます。
自分があげた意見以外は見えない権限設定になっているため、忌憚のない意見を集めやすい仕様です。

 

※上記アプリは会員のみご利用いただけます。

 

次回のコンテンツ活用術コラムもどうぞお楽しみに★