中小企業DX推進研究会のビジョン

2020年に始まったコロナ禍により、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が以前にも増して叫ばれています。中小企業においても、生産性の向上は長年の課題となっていますし、めまぐるしく変化する顧客や社会のニーズに素早く適応していくためには、もはやDXが必須と言える状況となっています。中小企業DX推進研究会は、中小企業がDXを実現し、今後の発展を遂げることを目指して、全国の会計事務所を中心としたメンバーで発足しました。

会計事務所は、そのクライアントに中小企業を数多く抱えています。これまでも会計事務所は中小企業の身近なサポーターとして、税務・財務という面から経営の支援を行ってきましたが、今後は 「デジタル」 に対する知見を獲得し、経営とデジタルを一体とした支援を実現できることが重要です。全国に存在する25,000以上の会計事務所がDX推進をサポートできるようになれば、中小企業の発展に大きく貢献できます。

中小企業DX推進研究会は、すべての中小企業でのDX実現のために、その成功事例や推進手法を研究し、会計事務所を通じてその情報を発信し続けます。

中小企業DX推進研究会 とは

中小企業の課題解決と経営革新に役立つDXの推進のための、会計事 務所を中心とする研究会。顧問先企業の課題を深く知るパートナーとして、システムやサービスありきではなく、企業の実態に合う適切なITツールの提案・構築により課題を解決し、DX推進をサポートすることを強みとしています。

 

中小企業DX推進研究会 代表:山口 高志

セブンセンス株式会社 取締役 DX支援部 部長、セブンセンスマーケティング株式会社 取締役。
2005年アイクスグループ(現セブンセンスグループ)入社。
シンクライアントシステム、ペーパーレスシステムなどの導入と構築・運用に携わるとともに、業務フローにITを組み込むことを強みに会計事務所のシステム導入サポート、コンサルティングも行う。