第3回 座談会レポート ~ 事務所業務管理のデジタル化による生産性向上 ~

座談会は会員の皆さま同士の情報交換によって、DX推進の理解を深めていくこと目的としたコンテンツです。

このレポートでは座談会の様子を抜粋しご紹介いたします。

2022 年4 月22 日 (金) 16:30 ~ 17:30 開催
テーマ:事務所業務管理のデジタル化による生産性向上

この日の座談会は、ゲストに株式会社 ココペリより金丸氏をお呼びして開催しました。会員事務所からはパネリストとして金崎浩税理士事務所、税理士法人 中山会計にご参加いただきました。
 
会計事務所でも近年、会計システム以外に進捗管理や生産性管理を目的としたITツールの活用が注目されています。今回は、デジタル化した業務管理手法について情報交換を行っていきました。

年末調整および確定申告の業務管理にスポットをあててお話しを進めていく中で、ツールは使用しているものの、職員間での使用状況に温度差があることで形骸化されてしまったため、うまく活用しきれなかったという事例も伺えました。

進捗管理などツールを使った業務管理で得られたデータについても話し合われ、顧問報酬の適性を見極めるのに活用されることが多いようです。そのほかにも、業務時間の把握にも役立てられている事務所様もありました。

いずれのデータも集計しようとする際に作業を求めがちになるところ、日々の業務の流れの中から取得できる仕組みで、手間とならないような方法も必要であるとのことでした。データの活かし方や採るべきデータについても、どのツールを使うか、よりも、明確な目的・目標を決めて意思統一をしていくことが大切であるとの意見も出されました。
 
次回は、「経理代行サービス」 をテーマに開催いたします。